Dは結成当時から夏のキャンプは夏休み突入前に行う事にしている。それは、夏休みに入ると子供連れなどの一般の家族の人たちが多くなるから。そこには頼りがいのあるところを見せようと頑張るお父さんや夏休みの絵日記の題材になるはずの家族団らんのひとときがあるはずだから。

その傍らで、バイクでデッカイ音を立ててやって来て黒ずくめで入れ墨なんかが入っている怖そうな野郎達が酒かっくらって『ウォ〜〜!』なんて言ってたら、そりゃ普通の人たちは不快に思うだろうし、もしかすると頼れるはずのお父さんの面目を潰すような事があるかもしれない・・・。それと自分達も一緒のフィールドに一般の家族がいたら気を使って盛り上がるにも盛り上がれない部分も出てくるかも。
だからこの10年間クラブのキャンプとしては7月は夏休み前と言う事にしている。

そんな恒例の7月オープンキャンプは、結果的に案の定大騒ぎ大騒ぎの一夜だった訳で、ホント一般の人が傍にいなくて良かったってつくづく思ったのだ。

今回は、縁あって知り合いになったIRON STOMACH MCの梅ちゃんが経営する奥久慈のキャンプ場で開催。

珍しく我ら拠点から東方面でのキャンプと言う事もあり、千葉のTRIBES MEN 、零一を初め、IRON STOMACH、FFB、DUPS、VARIOUS、ROUGH CRUISE、HORI'S Familyなど今までにない面々とカラーが入り乱れ、その人数約70人とDのプライベートキャンプとしては最高の人数が参加してくれた。

当日朝は地域によって天候が違い、不覚にもDメンの殆どは車参加となり反省しきりの中、宴は始まった。
いや〜、みんな飲む飲む!用意した酒も予定よりかなり早く完売状態で追加手配。食い物はそれぞれのグループで作ってもらったのだが、それぞれの自慢の料理が右へ左へと交錯する。
もう人の話なんか聞いちゃいない!ただただ楽しい時間が勢いよく流れていった。

今回ひとつだけDとしての儀式をやらせてもらった。
LEONとYUJIにセンターパッチを授与しフルパッチメンバーとして迎えるのだ。これからDのメンバーとして誇りを持ち走って行こうとする二人をこの日この場所にいた全員が祝福してくれた。
間違いなく二人は今日のこの日を、みんなからの祝福の声を、一生忘れないだろう。
もし忘れているようだったら、俺に直メ・・・w 今後とも二人を宜しく!